ホームページ

我輩は、50歳代の派遣社員(清掃業)である。
20回以上、(旧)司法試験に落ち続け、とうとう、こんな歳になってしまった。
その間、嫁さんに逃げられ(当たり前やね)、失業し、お金も無くなり、
なかなか大変であった。
しかし、これも、我輩が選んだ道である。
我輩の過去に、一片の後悔なし!
我輩は我輩なりに精一杯やった!
また、
我輩の将来に、一片の不安なし!
野垂れ死にも、また一興!
明日、もとい、次の一瞬に死んでも後悔はないが、
そう死に急ぐ必要もあるまい。
まだまだ、この人生、とことん楽しんでやる!
まだまだ勉強してやる!
(我輩、試験の出来は悪いが、勉強自体は好きである)

我輩は今でもまだまだ若いが、
もっと若かりし頃、
いわゆるバックパッカーとして、
主に東南アジア、南アジアをうろうろしておった。
(我輩のメインブログ「命は無限。では、どう生きる?」 Hello! and Good by!)
旅はステキだ。
いつか、また旅に出たいと思い、
2~3年前から、費用も安かったので、
1日1食だけにして、
オンラインの英会話スクールで英会話の練習を始めた。
我輩、1年ほど英会話を毎日練習したら、我輩的には、まぁ、
大丈夫と思える境地に達した。
日常会話に困らなければ、それで良いのだ。
たまたま、そのオンライン英会話スクールには、セルビア人の先生が
たくさん居られた。
せっかくネイティブのセルビア語話者が居られるのだから、
ここは、セルビア語を習うしかないだろう。
あと、もう一つ、セルビア語を習う理由がある。
セルビアは物価が安いのだ。
これまで、1年と半年ほど毎日いろんなセルビア人の先生と会話してたから、
物価が安いのは間違いない。
我輩が将来もらえる年金は、おそらく月8万円から9万円ほどである。
日本で暮らすには、チト苦しい。
しかし、セルビアでなら暮らせそうだ。
セルビアの今の平均的な家庭の月収が月4万円ほどらしい。
さらに、セルビアの文化!
我々、日本人は「労働は美徳だ!」みたいなところがある。
これに対して、
セルビア人は、「ライフ イズ ビューティフル!」なのだ。
セルビアの現在の経済状況は、セルビア人自ら、さほど良くないと認めている。
それにもかかわらず、セルビアのレストランやバーは、たとえ真夜中でも、
いつでもお客さんがたくさん居るそうな。
どこからレストランやバーに行くためのお金が出てくるのか分からないと、
セルビア人自身が認めている。
お金が無くても出かけて行って、友達におごってもらうそうだ。
そして、深夜、バーからアパートへ歩いて戻れる。
これは、どこにでもレストランやバーがあって、治安は良いことを意味してる。
このセルビア文化を見てみたい。
この世界、我輩の狭い「常識」では到底理解できないであろう文化がまだまだたくさんあるに違いない!

何はともあれ、
近々、セルビアを実際に訪れる予定である。
その準備、そして現地(セルビア)での暮らしなどを紹介していきたい。
セルビアへ行こう!
世界を見よう!

ブログ

セルビア語のお勉強

皆さん、こんにちは。 我輩の住む兵庫県尼崎市では、 今日は寒いし、雨が降ってます...。 そろそろ冬かなぁ~...。

セルビアから帰国して、現在、職業訓練校にて勉強中!

皆様、ご機嫌如何でしょうか? 前回、申し上げました通り、 我輩、毎日、元気いっぱい、職業訓練校に通っております。 FA( Factory Automaton) ソリューション技術科 11月生 というクラスで、

セルビアから帰国して、未だ絶賛求職中!(笑)

皆様、ご無沙汰しております。 我輩、8月上旬に日本に帰国して以来、 未だ絶賛求職中であります(笑)。

セルビア語

01.セルビア語で、何が難しいかって、それは、もう、「格変化」に尽きる!
セルビア語でПадеж!

02.あとは、男性名詞とか、女性名詞とか、中性名詞とかの「性」

03語順も、英語とは、なんか違う。もちろん、日本語とは、違う!
でも、セルビアの子供は、セルビア語を覚えていくんだから、
我輩も覚えていけるはず!
時間はかかるかもしれないけど…(笑)
でも、英語だって、中学1年生から習い始めて大学まで行って、
10年間勉強したってなかなか上手くならないんだから、
1年や2年、悪戦苦闘するのはしょうがない。
むしろ、1年や2年で、カタコトでも話せたら、
英語に比べて、ものすごい速さの進歩だと思う。

04文字は、キリル文字とラテン文字の二つがあります。
キリル文字は、ロシア語みたいな感じ。
最初は読めなくてイライラするけど、そのうち、読めるようになります。
あたりまえやけど(笑)。
ラテン文字は、基本的に英語と同じです。何となく読めます。

05発音は易しいです。もちろん、難しい発音もあるけど、
声調のある中国語やベトナム語やタイ語に比べたら、
全然楽な感じ。

06.まずは、グーグル翻訳でも、何でも使って、
自分の自己紹介をつくって、暗記しちゃいましょう。
ちなみに、我輩の自己紹介はこの通り。

07.そして、練習!
読むことと、話すことと、聞くことは、それぞれ違う!
野球でも、ボールを投げる練習ばかりしていても、
ボールを受ける練習にはならないし、ましてや、
バッティングの練習にはならない。
セルビア語に限らず、
読むことと、話すことと、聞くことは、それぞれ違う!

08.文法なんて、くそくらえ!(失礼!笑)
コミュニケーションが取れればいいんですよ、我輩には。
ちょっとぐらいおかしなセルビア語でも、
セルビアの人はきっと分かってくれる。
身振り手振りを交えた、我輩の変なセルビア語のコミュニケーションが
通じないのは、語学能力以前の、
相手の「我輩を理解しようとする」姿勢の問題!
そんな時は、しょうがないので、相手はきっと忙しいのだから、
さっさとコミュニケーションを取る相手を代えよう!

09.世界は広い!
わかる語学が一つ増えると、あなたの世界は100万倍増える!
世界へ飛び出そう!
\(^∇^)/シャ~ッ!♪

10.セルビア語のネイティブスピーカーと話そう!
ネイティブスピーカーと話すことで、
読むことも、話すことも、聞くことも、
練習できる。
「セルビア語のネイティブスピーカーなんて、
セルビアまで行かなきゃ見つからないじゃん。」
と思った、そこのあなた。
あなたは正しい!
でも、この世は、インターネット社会!
Skypeと言うテレビ電話がある!
我輩は、次の二つのオンライン英会話スクールを使ってセルビア語を勉強しております。
以下、それぞれのオンライン英会話スクールの感想を書きますね。
1、DMM英会話
2、ネイティブキャンプ






お問い合わせ

我輩(Keiichi)へのお問い合わせは、
こちらまで。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

我輩は、50歳代の派遣社員(清掃業)である。
20回以上、(旧)司法試験に落ち続け、とうとう、こんな歳になってしまった。
その間、嫁さんに逃げられ(当たり前やね)、失業し、お金も無くなり、
なかなか大変であった。
しかし、これも、我輩が選んだ道である。
我輩の過去に、一片の後悔なし!
我輩は我輩なりに精一杯やった!
また、
我輩の将来に、一片の不安なし!
野垂れ死にも、また一興!
明日、もとい、次の一瞬に死んでも後悔はないが、
そう死に急ぐ必要もあるまい。
まだまだ、この人生、とことん楽しんでやる!
まだまだ勉強してやる!
(我輩、試験の出来は悪いが、勉強自体は好きである)

我輩は今でもまだまだ若いが、
もっと若かりし頃、
いわゆるバックパッカーとして、
主に東南アジア、南アジアをうろうろしておった。
(我輩のメインブログ「命は無限。では、どう生きる?」 Hello! and Good by!)
旅はステキだ。
いつか、また旅に出たいと思い、
2~3年前から、費用も安かったので、
1日1食だけにして、
オンラインの英会話スクールで英会話の練習を始めた。
我輩、1年ほど英会話を毎日練習したら、我輩的には、まぁ、
大丈夫と思える境地に達した。
日常会話に困らなければ、それで良いのだ。
たまたま、そのオンライン英会話スクールには、セルビア人の先生が
たくさん居られた。
せっかくネイティブのセルビア語話者が居られるのだから、
ここは、セルビア語を習うしかないだろう。
あと、もう一つ、セルビア語を習う理由がある。
セルビアは物価が安いのだ。
これまで、1年と半年ほど毎日いろんなセルビア人の先生と会話してたから、
物価が安いのは間違いない。
我輩が将来もらえる年金は、おそらく月8万円から9万円ほどである。
日本で暮らすには、チト苦しい。
しかし、セルビアでなら暮らせそうだ。
セルビアの今の平均的な家庭の月収が月4万円ほどらしい。
さらに、セルビアの文化!
我々、日本人は「労働は美徳だ!」みたいなところがある。
これに対して、
セルビア人は、「ライフ イズ ビューティフル!」なのだ。
セルビアの現在の経済状況は、セルビア人自ら、さほど良くないと認めている。
それにもかかわらず、セルビアのレストランやバーは、たとえ真夜中でも、
いつでもお客さんがたくさん居るそうな。
どこからレストランやバーに行くためのお金が出てくるのか分からないと、
セルビア人自身が認めている。
お金が無くても出かけて行って、友達におごってもらうそうだ。
そして、深夜、バーからアパートへ歩いて戻れる。
これは、どこにでもレストランやバーがあって、治安は良いことを意味してる。
このセルビア文化を見てみたい。
この世界、我輩の狭い「常識」では到底理解できないであろう文化がまだまだたくさんあるに違いない!

何はともあれ、
近々、セルビアを実際に訪れる予定である。
その準備、そして現地(セルビア)での暮らしなどを紹介していきたい。
セルビアへ行こう!
世界を見よう!