語学学習ソフト ロゼッタストーン 買う前の注意点

rosettastone外国語一般
この記事は約9分で読めます。

1.我輩は語学オタクである

我輩はあんまりしゃべれないが、
語学オタクである。
例えてみれば、
音楽が好きで、バンド組んだりするけど、
歌や楽器はあんまり上手でない
音楽好きのようなものである。

しゃべれないけど、
いろんな語学に手を出してみる。
今は挨拶(あいさつ)ができるくらいでも、
いずれ本格的に会話できるようにトレーニングする際の
足がかりにはなるかも知れない。

さて、そんな我輩には
語学学習プログラムの「ロゼッタストーン」は
最高のソフトだった。
今でも「ロゼッタストーン」大好きだけど、
ここ数年使わなくなった。
理由は簡単。
今、一番力を入れているセルビア語のコースが無いから。
もし、セルビア語のコースがあれば、
間違いなく購入している。

昔、40年以上前、我輩がまだ中学生だった頃、
NHKラジオの基礎英語のテキストには
必ず「リンガフォン」という英語学習カセットテープの広告が載っていた。
我輩、これが欲しくて仕方がなかったのだが、
我輩には高くてとても買えなかった。
その広告には、
「来る日も来る日も、何回も何回もテープを聞いていたが、
ある日突然アメリカ人の会話が聞き取れるようになっていた」
と言うようなことが書いてあった。
今となっては、
「ホンマかいな」
と思うのだが、当時は
「これを聞いていれば、
ある日突然英語が聞き取れるようになる!」
と思い込んでいた。
それに、この広告、今から思うと
ちょっとズルいよね。
リンガフォンのテープを聞いても
全然英語が聞き取れるようにならなくたって、
「ある日」突然聞こえるようになるのだ、
と言われれば、
そうかも知れないもんね(笑)
勉強を続けていたら、
遅かれ早かれ、身につくのは間違いないし、
我輩、聞くだけで、語学ができるとは思わないのだが、
勉強の一環としてネイティブの発音を聞くことは
大切やと思う。

2020年2月4日追記
「来る日も来る日も、何回も何回もテープを聞いていたが、
ある日突然アメリカ人の会話が聞き取れるようになっていた」
これは、今になって、分かる。
語学の勉強をコツコツ続けていると、
本当にある日突然聞き取れるようになったり、
しゃべれるようになるのである。
上達のグラフが
右上がりの直線や曲線ではなくて、
階段を一段ずつ上がっていくような感じで、
ある時、いきなり、
一段上達するのである。
赤ん坊が
ある日突然しゃべるようになるのと同じかな。

2.語学学習プログラム ロゼッタストーンを買う際に注意する事

話がそれた。
話しをロゼッタストーンに戻す。
セルビア語のコースは無いけれど、
もしあなたが我輩のような語学オタクならば、
このロゼッタストーン、条件付きでおススメである。
このロゼッタストーンに、
あなたが勉強したいと思う語学があれば、
次のような点に注意すれば、
間違いなくコストパフォーマンスは良い。

(1)キャンペーンに注意する事。お得なキャンペーンをやってることがある。

まず、購入する際はキャンペーンに注意する事。
基本的に、語学学習プログラムは、
ネイティブスピーカーを雇うし、
テキストも作るし、
そんなに安い物ではない。
けれど、このロゼッタストーン、
時々、とても安く買えるキャンペーンをする。

rosettastone

上の画面、2018年(平成30年)8月30日午前9時頃のものだけど、
メッチャ安いよね。
特に、初中級24言語パック全部パック239,520円が
92%引きの16,800円(税抜き。税金入れたら、18,144円)!

rosettastone

我輩のような言語オタクには、涙がチョチョ切れるような金額である。
なんせ、1言語当たりわずか700円で勉強できるのだから!

ただし、お得なキャンペーンを狙うあまり、
ずっ~とその言語の学習を始めないのも考え物である。
キャンペーンがあるかないか分からないけれど、
待つ間に本を買って勉強を始めておくぐらいのことはしたい。
その言語の基礎的な知識があるならば、
そんなに高くないと思うならば、
即買ってしまうのも、
時間を考えればアリかもしれない。
金はまた稼げばいいけれど、
時間は取り戻せない。

(2)その言語の基礎的な知識は別途必要!!

次の注意点は、このロゼッタストーンを始めるならば、
事前に基本的な文法は、頭に入れておいた方が良い。
特に、文字が読めるようになっておく方が良い。
アラビア語とか、ベトナム語とか、ロシア語とか、
何の基礎知識もなく始めると、
全くワケが分からない。
もともと、このロゼッタストーンは子供が言葉を覚えるように
言語を学んでいくというコンセプトなので、
母国語(私たちなら日本語やね)の説明は一切ないし、
文法の説明もない。
それじゃ、生まれたての子供が3歳までに覚える言葉を
3年かけてこのロゼッタストーンは教えてくれるのかと言うと
そんな事はなくて半年ぐらいで、いや、真面目に毎日やったら1か月くらいで
教えてくれるのだが、
説明は一切ないから、基礎知識が無かったら、ホンマに無理!

逆に言えば、基礎知識があるけど、気軽にネイティブの話す言葉に触れたい、
と言う方には、ドンピシャリの教材です。
例えば、大学の一般教養で習う第2外国語のフランス語やドイツ語、中国語を
もうちょっと気軽に勉強したいと言う学生さんなんかには最高やと思う。
簡単な単語や発音は身につくので、
あとは実践に入るのみやね。

3.ロゼッタストーン初中級コースを終えたら、どれだけ話せるようになるか?

ちなみに、初中級コースを終えるとどれくらい力がつくかと言うと、
我輩の場合、とても会話ができるまでには、ならない。
このロゼッタストーン、子供が言葉を覚えていくようにということで、
ゲーム感覚で、基礎知識さえあれば、スイスイ進める事が出来るのだが、
やはり、初中級コースを終えたぐらいでは、この教材だけでは、
やはり実際の会話は難しい。
しかし、基礎知識を身につけて、字が読めて、
ロゼッタストーンの初中級コースを終えて、
ネイティブ話者と話すようにすると
(最初は全然聞き取れないし、会話もつながらないけれど)
飛躍的に話せるようになると思う。

この初中級24言語の中には入っていないのだが、
昔のロゼッタストーンのコースにインドネシア語があって、
そのインドネシア語のコースにはレヴェル1(初級みたいなものかな)
しかなかった。
我輩、そのインドネシア語のレヴェル1をコツコツ毎日30分ぐらいやって、
2~3か月くらいかけて、やり終えたことがある。

どれくらい話せるようになったか?
全然話せません。
こっちの言うことは分かってもらえるけれど、
相手の言うことは全然分かりません。
けれど、基礎は出来たので、
あとは、ネイティブスピーカーを見つけて
会話を無理やりでもするようにすれば
何とかなるかなぁ~
とは思ってます。
このインドネシア語のコースは
レヴェル1しかなかったけれど、
他の言語はレヴェル2やレヴェル3、
メジャーな言語の英語やスペイン語は確かレヴェル5まであったと思う。
レヴェル2や3、中級コースまで仕上げれば、
もちろん、もっと基礎は出来るでしょう。

ちなみに、インドネシア語は、
英語と同じようなアルファベットを使うし、
文法も発音も簡単なので、
おススメです。
インドネシア語が出来れば、
マレー語もほぼ同じなので、
インドネシア、マレーシアで暮らせるようになれますよ。

4.ロゼッタストーンがオススメな人

話がそれた。
独学で、勉強を進めるには、
このロゼッタストーンはホンマにオススメです。
ただし、学びたい言語の基礎知識は別に学んでおく必要があります。
たとえば、上で書いたインドネシア語、
発音はローマ字読みすればほぼOKだし、
文法も無いに等しいから
(例えば、動詞が時制で変化しない! 考えられます? 笑)
ゲーム感覚でホイホイ進みます。
でも、これが、ベトナム語となると、
全然読めないアルファベットやし、
発音も声調がたしか6つもあって、
いかにこのロゼッタストーンと言えども、
基礎知識が無いと、
全然進みません。

あるいは、昔、スペイン語をやったけど、
もう長いこと使ってない。
ちょっと、もう一度思い出してみるかな、
なんて方にも、
最高の教材やと思う。
基礎的知識さえあれば、
子供がゼロから言葉を覚えていく過程をたどるわけやから、
ホンマ、スイスイ進みます。

そうやなぁ~、
他には、
NHKラジオのハングル講座(韓国語)を続けてるけど、
少し飽きてきた、なんて方にも、最高でしょう。
まず、文字(ハングル)は読めるでしょうから、
スイスイ進むし、
テープやCDと違って、プログラムなので、
画像と音声とこちらの操作で進んで行くので、
なかなか飽きずに、進められます。
このロゼッタストーンの韓国語コースを終えて、
実践に入れば、
たぶん何の問題もなく韓国語はしゃべれるようになると思います。

我輩も、韓国語やインドネシア語を再開したいのだけど、
今は、セルビア語でイッパイイッパイ!
3年間毎日75分間、ネイティブスピーカーの先生について
勉強してるけど、なかなか会話できるようにならない!
すぐ英語に逃げてしまいます。
我輩の話すセルビア語も、ホントたどたどしいし、
相手がペラペラしゃべるセルビア語もなかなか聞き取れない。
ゆっくり易しく話してくれて、やっと分かる程度。

でも、英語が、とりあえず日常生活に困らないくらいにしゃべれるようになるまで
中学校で習い始めてから10年以上は勉強してるのだから、
セルビア語は、わずか(!)3年でバスの切符ぐらい買えるようになったのだから、
よくやったと自分を褒めてあげることにします(笑)

5.最後に

また、話がそれた。
独学で語学を勉強したいと言う人には
このロゼッタストーンは本当にオススメです。
「ゼロから始めるスペイン語 CD付き」
を買ったけれど、ずっと本棚にあるだけ、
と言うような人(我輩のことか?! 笑)は、
このロゼッタストーンの初中級コースをやり始めて、
意味の分からない語尾変化にぶつかったときには
本で調べる、
と言う方法が、今のところベストな方法かも知れない。
初中級コースを終えても、
決して話せるようにはなっていないのだが、
(これは、実はどんな教材でも同じだと思う)
あとは実践あるのみ。
どんな教材をつかっても、
その後に、絶対に実践があって、
初めて話せるようになります。
ただ、知識ゼロで実践に入るのはさすがにキツイ。
どれだけ実践前にトレーニングしておくかだけど、
このロゼッタストーンは、
実践前の独学トレーニングとしては、とても優れていると思う。
実践に入れば、上達は早いと思うし、
このロゼッタストーンは、
テープやCDよりも
絶対に継続はしやすい。
どんな言語学習でも、継続は絶対必要やからね。
テープやCDや音声ファイルを聞くだけではなくて、
ゲームのように、こちらが何か反応しないと先へ進まないので、
頭も使うので認知症予防にも良い(我輩のことか?! 笑)
未だ、辞書を引きつつ、グーグル翻訳を使いつつ、
テキストを英訳して勉強しているセルビア語学習より
数段効率が良いのは間違いないです。

それでは、また。

この記事が、あなたの何かのお役に立てれば、光栄です。

みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

コメント

  1. […] 語学学習プログラム ロゼッタストーン 買う前の注意点 | セルビア大好き語学学習プログラムにロゼッタストーン(Rosetta Stone)というのがある。我輩も大好きなソフト! このソフト […]

タイトルとURLをコピーしました