映画で語学学習「SICARIO: DAY OF THE SOLDADO 」2018年 アメリカ映画

Sicario2映画
この記事は約3分で読めます。

英語の字幕付きで、
英語の映画を観るのは、
ヒアリングとリーディングの練習と同時に
息抜きにもなって
一石二鳥!

今回、ご紹介するのは、
前回ご紹介した「Sicario」(邦題:ボーダーライン)2015年の
続編、あるいは番外編です。

映画で語学学習。「Sicario」邦題:ボーダーライン 2015年 アメリカ映画
英語の字幕付きで、英語の映画を観るのは、 英語の練習にもなり、 息抜きにもなり、 一石二鳥。 是非ともおススメしたい勉強法のひとつ。 ただし、あくまでも、 サブの勉強法。 何度も書いてる通り、 語学の一番効果的な方法は、 ...

前回の「Sicario」のヒロイン、女性FBI捜査官は
今回は出てきません。
代わって、元検察官(弁護士?)のヒットマン(暗殺者)が
主人公です。
前作「Sicario」では、
復習の為、非情で冷酷なヒットマンになった彼が、
今回は、やたらと優しい・・・。
正直なところ、ちょっと違和感を覚えた。

しかし、もしかして、我輩のホントに勝手な憶測だが、
前作で麻薬カルテルに殺された(たしか、硫酸か何かの池に沈められたはず)
彼の娘を思い出したのかな?

ネタバレを防ぐため、
(あなたにも、映画なりビデオなりを
ワクワク、ヒヤヒヤしながら
観てほしいから)
あんまり詳しく書けないけど、
そう考えれば、
我輩的には納得できる。

我輩の好きなハードボイルド小説の一説を
また思い出してしまった。

[voice icon=”https://itsok123.com/serbia/wp-content/uploads/548216.png” name=”私立探偵 Philip Marlowe” type=”l”]
If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive.
If I couldn’t ever be gentle, I wouldn’t deserve to be alive.
強くなければ生きていけない。
優しくなければ、生きている意味が無い。
(”Playback (Phillip Marlowe)” by Raymond Chandler)
[/voice]

国際政治、軍隊、警察、政治、裏切り、マフィア、信頼・・・。
アクション映画好きのあなたに
オススメの作品です。
あんまり難しいことを考えなければ、
頭を空っぽにして
楽しめます。
邦題は、「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」
となるらしい。
2018年11月日本公開予定。

それでは、また。

この記事が、あなたの何かのお役に立てれば、光栄です。

みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました