スポンサーリンク

セルビア Novi Sad近郊でのドラッグの値段

Drugセルビアの物価
この記事は約3分で読めます。

我輩自身は、ドラッグ(薬物)への興味は無い。
そんなものに金をかけるくらいなら、旅行するかな。
あと、上手に瞑想すれば、ドラッグの数倍の快感が得られるそうだし、
その方が安上がりだ。

それでも、近年、大麻の自由化を求める運動や、
実際に、オランダやカナダなど大麻を合法化する国々も出てきている。
我輩は、基本的に、人類は望ましい方向に進んでいると考える。
つまり、科学技術の進歩は、人類の進化と文化の向上につながると信じている。
たとえば、、冬は、ウール(毛)100%よりもアクリル100%の服の方が安いし、扱いやすい。
薬物だって、人類にとって良いものが、開発され続けていると思う。

それで、セルビアでのドラッグの値段を、ボイボディナ地方の中心都市、ノビ・サッド(Novi Sad)の学生さんに聞いてみた。

学生さんが、試験を乗り切るために使うドラッグとして、
「Siptar」(シプタル)というものがあるらしい。
「Siptar」とは、アルバニアを指す蔑称である。
このドラッグがアルバニア産であることからそう呼ばれている。
効果としては、2~3日、寝なくても大丈夫になるらしい。
値段は、
0.5gで500ディナール(=500円)
1.0gで1,000ディナール(=1,000円)
5.0gで3,000ディナール(=3,000円)
だそうだ。
たくさん買うほど安くなる。

この「Siptar」、
どうも「安物」というイメージがあるらしく、
学生さんも、
「不純物が多くて、上等じゃない」
と言ってた。

次は、コカイン。
こちらも使われるそうだが、
メッチャ高いらしい。
1gで80ユーロ(=10,000円)だそうだ。

高いわりに、効果は数時間持たない、
と言っていた。
高いうえに、効果が短いなら、
我輩なら「Siptar」でいいかな、買わないけど。

あと、「Speed」というのもあるらしい。
成分は「adderal」と同じだ、
と言っていた。
アメリカでは、「Adderall」(lが一つ多い)と書くらしく、
本来ADHD(注意欠陥障害 / 多動性障害)の治療薬らしいが、
大学生は、論文仕上げるために、使うそうです。↓

アメリカのドラッグ事情についてPart 2. アメリカの大学生が論文終わらす為に使う薬 - Solitaire
今日はアメリカのドラッグ事情Part. 2です。しかし今日は前回とひと味違います。 日本にはないADD、ADHD治療薬Adderall、またはvyvanseについて。 軽く説明から。 ADD/ADHD=注意欠陥障害 / 注意欠陥多動性障害 Adderall/vyvanse=日本では手に入らない飲むと集中が持続できる処方...

「Speed」のノビ・サッド近郊での値段は、
1gで1,000ディナール(=1,000円)らしい。
「Siptar」と同じ値段やね。

これらのドラッグの値段が、
高いのか、安いのか、
我輩には分からない。

幸い、我輩は、
修練を積んだ、大変に徳の高い坊さんと
同じくらいの瞑想ができるので、
ドラッグは必要ない。(笑)
また、プラシーボ効果(偽薬効果)というくらい、
人間の身体は騙されやすいので、
わざわざ高い「クスリ」を
買う必要もなかろう。

それでは、また。

この記事が、あなたの何かのお役に立てれば、光栄です。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました