旅の相棒(バックパック)Gregory Border35

こちらが、今回の旅の相棒(バックパック)である。
これとウエストポーチで、1か月と1週間、旅をした。

バックパックは、アメリカのメーカーGregoryのBorder35。
楽天で、定価2万円ぐらいのところ、特別セールで半額(1万円)になってたのを買った。
我輩が、バックパックで最重要視したのは、チャックが壊れないことである。
バックパック自体の生地は、どれもそう変わるまいと思った。
一番壊れやすいのは、どうしたって、チャックである。
安い物は、チャックの出来に当たりはずれがある。
壊れるときは、すぐ壊れて、使い物にならない。
普段は、一番安いもので十分、と思う我輩であるが、
旅の相棒(バックパック)は、少しお金をかけた。

あと、このBorder35にした理由は、
1、ノートパソコンが入る。
2、容量が35リットルで、機内に持ち込める。
である。

Border35

立っている部分が、ノートパソコンを入れる部分で、
背中に薄い樹脂の板が入っていて、ノートパソコンが折れ曲がらないように(?)サポートしてくれる。

Border35

↑15インチまでのノートパソコンやタブレットが入るらしい。
我輩のノートパソコンは12インチなので、充分であった。

容量35リットルは、1か月の旅には、少しきつかったが、
機内持ち込みを前提とすれば、止むを得まい。

セルビアへの行き帰りはもちろん、
セルビアに滞在中も、十分活躍してくれた。
ありがとう、我が相棒!

Gregory Border35

今回はここまで!
また、次回も読んでくださいね!
今日もお疲れ様でした!

では、また。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

2 件のコメント

  • やはり荷物は小さいほうが便利ですよね。
    機内持ち込みのみなら、空港でもスムーズですし。
    LCCなら、費用面でもかなりのメリットがありますよね。
    わかっているけど、やはり大きくなっちゃうんですよね~

    • bunji_様
      荷物って、すぐ大きくなっちゃいますよねぇ~・・・。
      あと、大きさもそうですが、重量制限もキビシイ!
      カタール航空のエコノミーは機内持ち込み荷物は7キロまでやったのですが、
      ノートパソコンとバッテリーだけで2キロぐらいになって、後はいろいろ工夫が必要でした(笑)
      工夫と言っても、服を着こんで、服のポケットに荷物を詰め込むだけなんですが・・・(笑)
      次回は、お土産やら自分用にいろいろ買い込もうと計画してますので、スーツケースもアリかな、
      と考えてます。
      また、どうぞいろいろ教えてくださいませ!
      いつもありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.