セルビアの冬 零下15度近くになるそうな!

Сремски Карловци 2セルビアの日常
この記事は約3分で読めます。

今日は、2018年11月20日。
我輩の住む尼崎では、気温8~10度前後。
それでも、我輩的には、寒い!

さて、セルビアの首都ベオグラードや
セルビア第3の都市、南部にあるニーシュでは、
既に雪が降ってるらしい。
オンライン英会話スクール(DMM英会話とかネイティブキャンプとか)
の先生方が言ってる。
気温は0度。
でも、先生方は、半そでのTシャツ姿がチラホラ。
冬はマイナス15度まで気温が下がる国らしく、
セントラルヒーティングシステム等、
暖房はしっかりしている。
都市部の集合住宅は、
建物全体のセントラルヒーティングが主流。
暖房費が気になるよね。
もちろん、建物によるけど、
ある先生は、
月々6,000ディナール(=6,000円)ほどの
暖房費が10月から3月まで別途必要と言ってた。
別の先生は、
毎月の家賃に含まれていて、1年中家賃は変わらないと言ってた。
我輩が昨年2017年夏に1ヵ月滞在したニーシュでは、
クーラーは無かったが、セントラルヒーティングシステムは
あった。
↓下の、我輩がニーシュ滞在時に書いたブログ記事の中の写真で、
Sofa Bed(ソファ ベッド)の奥の窓の下と、
その右隣り(柱の影)にヒーターがあった。
我輩のブログ記事の写真にヒーターは写ってないんだけど、
こんなやつ↓

radijator

我輩の部屋 42号室
皆様、おはようございます! ここセルビアのニーシュは、今日も良いお天気です。 ニーシュに来て26日になりますが、雨の降ったのは1日だけでした。 セルビアのニーシュに来られるなら、7月はオススメですよ。 暑いけど(笑)。

今年2018年夏に1ヵ月滞在した
Сремски Карловци(スレムスキ カルロブッチ)
の一軒家でも、
クーラーは無かったけれど、
ヒーターはあった。

Сремски Карловци 2

セルビアの宿 Сремски Карловци (スレムスキ カルロヴッチ)
我輩たちは、セルビアは、ヴォイヴォディナ州の Сремски Карловци(スレムスキ カルロヴッチ) というところに 約1か月滞在します。 Airbnb で、こちらに滞在してます↓ Fruska Gora 5b...

我輩たちが滞在したのは5月だったけど、
大家さんが「寒かったらヒーター入れていいよ」
と言ってくれた。
実際にはヒーターを使わなかったので
良く分からなかったけど、
電気式なのかな?

セルビアって、夏は気温40度近くになるけど、
湿度が低いので日陰に入れば快適なんです。

でも、冬は、半端ない寒さらしい・・・。
何人かのセルビア人先生(オンライン英会話スクール)は、
冬にセルビアに来ることをオススメしません。
寒くて、部屋に籠(こも)るだけで退屈だから。
でも、
昨日、ベオグラードで天文学の博士コースで勉強してる女性に話を聞いたら、
田舎は星がきれいで天の川が見れるから
冬もそんなに悪くないらしい。
「スキーもできるよ」だって。
先生のおススメの街はZlatiborとTara.

Zlatibor

Tara

スキー、また始めようかな。

Златибор

Златибор

ビルのセントラルヒーティングや
家の電気式ヒーターが無い場合、
特に田舎の方では薪(まき)を燃やすみたいです。

【日常動画】セルビア好き必見!毎年恒例、6月から冬の準備!もう薪は嫌だぁ〜【セルビアちゃんねる】

それでは、また。

この記事が、あなたの何かのお役に立てれば、光栄です。


みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

コメント

  1. 悠々 より:

    いつも面白そうな情報、ありがとうございます。

    冬のセルビアかー!
    田舎の昼はウインタースポーツ。
    夜はラキア(果物ベースの蒸留酒)と一面の雪は面白そうですね。
    煮込み料理は美味しそうですし。

    田舎に行くと英語が通じない割合が爆増するため、
    言語力があれば、より楽しめるでしょうね!
    僕もスノボ再開しようかなぁ(笑)

    • Keiichi より:

      スキーやスノボができたら、
      冬のセルビアを楽しめそうです。
      ただ、観光地価格になるので、少し高そう。
      けれど、日本やオーストリアよりは絶対安いので、
      なんとか、日本からスキー客を引っ張って来れないかな、
      なんて考えてます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました