Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産

Нови сад(ノヴィ・サッド)で楽しい夜を過ごした翌朝、
我輩は、軽く二日酔いであった(笑)。
どうも楽しくなると、飲み過ぎてしまう。
でも、まぁ、楽しいお酒だし、
飲んでも、暗くならないで、
楽しく飲んでるみたいなので(←あんまり覚えていない。笑)
ま、いいか!
レストランやバーで、我輩が払ったことのお礼でもあろう、
翌朝、友達がお土産をくれた。

Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産

ありがたいことです。

Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産

↑右端の「plazma」はビスケットです。このビスケットのファンは多いみたい。
ほんのり甘くて、我輩も気に入りました。
その隣「Bomito」はトルコ・コーヒーです。淹れ方にコツがありますが、慣れれば簡単。さらに、インスタント・コーヒーよりも安い!
この「Bomito」、友達によれば、一番安いらしいです。
その隣、左端、ちょっと見えにくいですが、「DŽEM KAISIJA」は、ジャムです。
「KAISIJA」と言うのは、リンゴみたいな果物です。

KAISIJA

セルビアでは、このKAISIJAのジュースやら、ジャムやら、よく見かけます。

Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産

↑真ん中の25gと書いてる「začin c」は、調味料です。何にでも使えます。
敢えて無理やり例えれば、日本の「味の素」みたいなものでしょうか。
化学調味料と言うより、自然のものを加工して作ってるように思います。
これは日本に持って帰りました。
ご飯に振りかけて食べるだけでも美味しいです(笑)。
その隣、左端のビンに入った「ajvar」も調味料で、これも何にでも使えます。
パンに塗るだけでも美味しいです。ちょっとだけ辛いかな。

Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産

↑一番左端のバラ色のやつは、ゼリーみたいなお菓子です。
トルコ・コーヒーにとてもよく合います。
そんなに甘過ぎず、美味しいですよ。

お土産はとても嬉しいし、値段じゃないんですが、
これらの品物、
もし、自分で買っても、とても安いんですよ。
友達は、我輩がお金あんまり持ってないことを知ってるので(笑)、
セルビアの日常生活でとても役立つ、高くないものを教えてくれました。

いや、実に嬉しいです!

給料の高い国で稼いで(日本とか、スイスとか!)、
セルビアで暮らすのが一番楽しそう!
何とかうまい方法はないものか…(笑)

Ниш(ニーシュ)

では、また。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

“Нови сад(ノヴィ・サッド)でもらったお土産” への4件の返信

  1. お友達の心遣いがうれしいですね。
    ブルガリアにも似たものが売っています。やはり近いので似ているんですね。

    「KAISIJA」はブルガリア語Кайсияと同じものだと思います。
    日本語ではアンズですね。

    「začin c」は以前日本で流行った、クロアチアのベゲタというものと同じようなものだと思います。
    ブルガリアにも売っていますが、ご飯を炊く時に少しいれると美味しいですよ。
    うちでは、3合に対して大さじすりきり2杯入れています。

    最後のお菓子は、ブルガリアではлокумという名前で売っています。
    トルコから来たお菓子のようですが、日本のゆべしのような感じで結構美味しいですよね。

    日本で稼いで、セルビアで暮らすのならやはりIT系の仕事ですかね?
    ブログで稼いでいる人もいるようですが、どうやったらそんなに稼げるのか知りたいものです。
    Keiichiさんもこのブログで稼げるようになればすぐに移住できますね。

    ビザは結婚するのが一番ですが、後は学校に行くとか?
    または三ヶ月ごとに国を移動するというパターンもありかも?
    セルビア・ブルガリア・マケドニア・モンテネグロなどなどを
    転々とすれば問題ないので、やはり一番は収入源を見つけることですね。
    でも、結構疲れそうですよね。

    1. bunji_様
      いつもコメント、ありがとうございます。
      そっかぁ~、ブルガリアにも似たようなものがあるんですね!
      「KAISIJA」はアンズでしたか!ありがとうございます!
      頑張って、世界中で稼げるようになります!(笑)
      いつもありがとうございます!

  2. KAISIJAというの、ギリシャにも普通にあります。日本でいうアンズよりかなり大きくて、こちらのリンゴくらいありますよね。
    セルビアもいつまで物価の安さが続くでしょうか?今後観光地として注目さられたりすると、10年もたてば様変わりするかも。現地の人は経済発展を望んでいるでしょうし。
    日本語教師はいかが?

    1. cachaca様
      いつもコメントありがとうございます。
      KAISIJA、ギリシャにもありましたか。バルカン半島付近で採れる果物なのですね。
      セルビアの物価、おっしゃる通り、10年後、20年後は、どうなっているか分かりません。
      私がバックパッカーだった頃(20~30年ぐらい前です)、韓国も大変物価が安いことで有名でした。
      実際安かったです。私の当時の感覚で、日本の2分の1でした。
      ですが、今では、ご存知の通り、日本とそんなに変わらないくらいの物価だと思います。
      時代はどんどん変わっていきますよね!
      いつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です