セルビアを旅する際に絶対(!)知っておきたいセルビア語

みなさん、元気にやってはりますかぁ~?!
我輩も元気にやっとります!
さて、今回は、
セルビアを旅する際に絶対(!)知っておきたい表現を
紹介しましょう。
それはずばり、これです。

Даите мени кусур!

ダイテ メニ クスル!

これは、絶対必要な表現です。(笑)
その意味は....

「お釣りをちょうだい!」

 

だってね、セルビアで買い物した時、
お釣りをくれない時が、
よくあるんです!
お釣り50ディナール(=50円)くれない時とか
時々あるし、
1ディナール、2ディナールのお釣りをくれない時は
しょっちゅうです。
MAXIとか、IDEAとか、
いわゆる全国展開の大きなスーパー、
日本で言う
イオンとか、関西スーパーみたいな
お店でも、
くれません。
全国展開のスーパーでは、本当は、
ちゃんとお釣りをお客さんに渡さないといけないのですが、
我輩に帰ってこない我輩のお釣りは
レジのおばさんのポケットマネーになっちゃうんです(涙)。

分からなくもないんだけどなぁ~...。

セルビアは、今、経済的にうまく行ってない国です。
日本もうまく行ってないけど、
日本よりも、経済的には貧しい国です。

だから、お店の人が我輩を見ると、
「こいつは外国人で、レギュラーな客じゃない。
さらに日本人だから、金持ちだろう。
小銭をこいつからもらっても、
ま、イイか」
となっちゃうんだろうなぁ~...(涙)。

だ・か・ら、
日本人全員が金持ちじゃないんだって!(笑)
我輩みたいに貧乏な日本人だっているんだって!

でも、我輩が外国人だろうが、
お釣りが1ディナール(=1円)であろうが、
ちゃんとお釣りをくれるお店もあります。
我輩の宿の近くの大きな公園の前の
小さなパン屋さんがそれです。
ビジネスで必要なのは信用です。
我輩はいつもそのお店でパンを買うようになりました。

Даите ダイテ  Give
мени  メニ         Me
кусур! クスル! change!

もうちょっと、お上品に言いたいときは、

молим  モーリム please

を付け加えましょう。

Даите мени кусур, молим!

ダイテ メニ クスル、モーリム!

「お釣りを下さい!」

指でお金のジェスチャーをすると
確実に意味が伝わります。
これ↓!
(部屋がバッチいのは許してください。笑)

Даите мени кусур!

抱いて 目に 薬(クスリじゃなくて、クスル!)!

と覚えましょう。

「お釣りをちょうだい!」

↓オンライン英会話スクール「ネイティブキャンプ」にも、
セルビア人先生居てますよ。

では、また。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

シェアしてくれたら嬉しいですm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください