映画「Suburra」2015年 イタリア

Suburra 映画

我輩は、映画大好きである。
「どうせ作り物。本当にやってることではない。」
と思いながらも、語学学習を言い訳にして、
頭を空っぽにして、楽しんでいる。

この「Suburra」は、2015年につくられたイタリア映画。
我輩はまだイタリア語を勉強してないので、
「語学学習」には向かないのだが、
字幕を英語にして、
英語学習の一環であると言う言い訳にして
観てみた。
ジャンルとしてはクライム(犯罪)映画の中の
いわゆるバイオレンスもの。

邦題は「暗黒街」。

良かった。

ローマを舞台に、
政治、カジノ、利権、教会を巻き込み、
マフィアが暗躍する。
性、ドラッグ、暴力の描写が生々しい。
それでも、
さすがイタリア映画、ファッションやデザインに
洗練されたセンスも見える。

我輩は、バイオレンスはともかく、
クライム(犯罪)映画は好きである。
剥き出しの人間性を扱っているからである。
勉強になることも多い。

結局、この世で、生き残るのは
強い人間である。

それは、間違いない。
ただ、「あの世」のことまで含めて考えると、
この世をどう生きるべきなのか?

あなたが、犯罪映画を嫌いでなければ、
人間性考察のための教材として
一見をお勧めする。

(↑こちらは、日本語!の字幕のやつだと思うのでご注意くださいませ)

読んでくださり、ありがとうございます。

何かの参考になれば嬉しいです。

みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

肉体は滅びても、魂は永遠の存在。
また、次の世へ進んで行く。

問題は、何故、今のこの世に生まれてきたのか?
おそらく、何か、この世で、我輩が為さねばならぬ宿題があるはず。
その宿題をきちんとやり遂げたい。
その宿題をやり終えた時、あの世からのお迎えが来るはず。

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

コメント