セルビアより帰国。サボテン氏の歓迎。

去る8月12日に、セルビアより帰国した。
1か月と1週間ほどの旅であった。
大事な親友であるサボテン氏は元気だろうかと、

少し心配であったが、大きなつぼみを7つも付けていた。
帰国した次の夜、
大きな花を咲かせて、
我輩の帰りを歓迎してくれた。

おかえりなさい

「おかえりなさい」
と言ってくれているのが分かる。

翌日まで、見事な花を見せてくれた。

おかえりなさい

帰国した次の夜に、サボテンの花が咲いたのは、単なる偶然ととらえるか、
それとも、
サボテン氏が、我輩の帰りを待って、咲いてくれたのか、
それは、我輩の見方一つ。
この世は、自分の見方一つである。

「人生は心一つの置き処」
(中村天風氏)

小さな多肉植物氏も「おかえりなさい」と言うてくれてます。↓

おかえりなさい

我輩には、サボテン氏も、多肉植物氏も、
我輩の帰りを大変喜んでくれているのが分かる。

嬉しい。

読んでくださり、ありがとうございます。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

肉体は滅びても、魂は永遠の存在。
我輩、あの世の存在を信じておるので、死ぬことは怖くない。
野垂れ死にも、また一興。
天国は良いところだろうし、地獄に行くことになっても、まぁ、仕方ないし、何とかなるだろう。
問題は、何故、今のこの世に生まれてきたのか?
おそらく、何か、この世で、我輩が為さねばならぬ宿題があるはず。
その宿題をきちんとやり遂げたい。
その宿題をやり終えた時、あの世からのお迎えが来るはず。

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。