心がすさんだ時

何故かイライラするときがある。
なぜか人につらく当たってしまうときがある。
そんな時は、天国にいる母さんに相談する。
その時のイメージは、我輩を大事にしてくれた時の母さんだ。
自分が赤ん坊で、優しく抱っこしてくれてる時の母さんだ。
(マザコンですが、なにか?笑)
そんな優しい母さんをイメージして、
心の中で、
「母さん、守って。」
とお願いすればいい。
何故かイライラするときは、何者かに憑依されてると自覚することだ。
「悔いは無し。野垂れ死にも、また一興。
と覚悟を決めており、何も怖いものが無いはずの我輩なのに、
気持ちが波立つとき、イライラするとき、怖れを感じる時、
それは、何者かに憑依されてると思わなければならない。
本来の自分は、そんなつまらないことでイライラするはずがないのだ。
だから、天国にいる母さんでも、高次元に存在する高次自己でも、
ハイヤーセルフでも、
自分を優しく見守ってくれている存在に、
「守ってください。」
とお願いすれば、結界が張られて、守られる。
決して、イライラしたまま、怒ったまま、怖れたままで、
憑依してきた何者かに自分をゆだねてはならない。
特に気をつけなければならないのは、
突然湧いてくる怒り。
この突然の感情、自分の全く予期しない感情、
この感情に身を任せてしまっては、
憑依してきた何者かの思うつぼになってしまう。
このような感情を感じたら、強く自分を制御しなければならない。
そして、天国にいる母さんでも、おじいちゃんでも、
高次自己でも、お天道様でも、
自分を優しく見守ってくれている存在に
「守ってください」
と祈ろう。
自分を優しく見守ってくれている存在は、
必ずその祈りに応えてくれる。

結界が張られ、あなたは、我輩は守られる。
間違いありません。
祈りの力は、侮れないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。