スポンサーリンク

歌で語学「Славија」セルビア語

Slavijaセルビア語
Slavija
この記事は約5分で読めます。

外国語の歌を覚えて、
その外国語をマスターする方法があるとは
聞いていたが、
あまり実践したことはなかった。
歌は、歌の中の単語の発音が早すぎて、
うまくいかなかった。

でも、なんだか、セルビア語の歌は、
歌いやすいような気がする。
(完全に我輩の主観です)

さて、今年(2019年)2月にセルビアに行った際、
ベオグラードで
ホテル・スラビアというところに
2週間ほど滞在した。
このホテル、設備が古くて、
我輩はトラブル続発だったのだが、
わりと由緒正しいホテルのようで、
セルビアの人は誰でもこのホテルのことは知っていた。↓

https://itsok123.com/serbia/belgrade-hotel

上のブログにも載せたが、
このホテルのあるあたりを
「スラビヤ」
と言うらしい。
この「スラビヤ」を歌った歌がある。 ↓

https://www.youtube.com/watch?v=sIpECHUtVtI

15年ほど昔に流行ったらしく、
この歌のことも、
セルビアの人はみんな知っていた。
田舎から首都ベオグラードに出てきた男が
このスラビアに住み着いたけれど、
田舎者ゆえ、
誰の相手にしてくれず、
お金もない。
という、何ともイケてない歌詞なのだが、
それでも、みんな知っていた。
こういう、なんか寂しい歌が
セルビアの人の好みなのかな?

下が歌詞です。
黒字がセルビア語です。
青地が我輩の英訳です。

Slavija

(男性パート)
Imam s čim, nemam s kim

I have the means but no company

imam kad, nemam gde

I have time but nowhere to go

u ovom gradu za mene teško je

It’s hard for me in this city

kažu mi, dolaziš iz provincije

They tell me, you come from a province

zbog toga me svaka devojka odbije

That’s why every girl refuses me

(女性パート)
Neće cura svaka, neće za došljaka

There will not be any girl, not for a stranger

pored ovih lepih prigradskih momaka

over these nice suburban guys

kupi svoje stvari, još si dobro proš’o(prošao)

Pack your things, you were even lucky

bolje da se vratiš odakle si doš’o(došao)

You’d better go back to where you came from

*(男性・女性で*~**の間を繰り返し)

Slavija, pa Vukov spomenik

Slavija, then The Vuk Monument

bez drugara i para i ljubavi

with no friends no money no love

tonem ko Titanik

I’m sinking like Titanic

Slavija, dva sveta granica

Slavija, the border between two worlds

molim te, budi mi, budi mi

Please, be my, be my

bar poslednja stanica

at least my last stop

**

間奏

(男性パート)
Idem u bioskop, biram poslednji red

When I go to the cinema, I choose the last row

puštam mašti i suzama u nedogled

letting my imagination and tears flow to infinity

pored mene si ti

Beside me there’s you

devojka iz moga sna

the girl of my dreams

Al’ šta mi to vredi

But what’s worth it to me

(But it’s not worthの方が分かりやすいか?)

kad sam iz provincije ja

when I am from a province

(女性パート)
Nije lako biti nov u ovom gradu

It’s not easy to be new in this city

zašto da ti i ja dajem lažnu nadu

why should I also give you false hope

kupi voznu kartu, brže, bolje kreni

Buy yourself a train ticket, leave hastily

ovde će i dušu znaj, da ti pokradu

You should know that here, they would even steal your soul

我輩は、この歌をマスターして、
ベオグラードの有名レストラン
Три Шешила

Početna - Restoran Tri šešira | Skadarlija, Beograd

にて、バンドに演奏してもらって、
歌を披露したいと考えておる。
きっと、セルビアの人たちと仲良くなれる
(ような気がする。)
この曲は、
男性と女性との掛け合いの歌なので、
我輩が男性パートを歌うと、
きっとセルビア女性が女性パートを
歌ってくれるであろう(知らんけど)。
(笑)

カラオケバージョンも貼っときます↓

それでは、また。

この記事が、あなたの何かのお役に立てれば、光栄です。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました