宏洋(ひろし)は幸福の科学と決別したのか?! YouTube「宏洋の人生ゼンツッパ!!」より

宏洋の人生ゼンツッパ!! 生き方
YouTube「宏洋の人生ゼンツッパ!!」より

いつものごとく、
ツイッターを眺めていたら、
「宏洋は幸福の科学と決別したのか?!」
という記事がYouTubeのビデオ付きで流れてきた。
どういう事だろうとYouTubeのビデオを観てみたら、
幸福の科学の総裁、大川隆法氏のご子息(長男)、
宏洋(ひろし)氏が作ったビデオだった。

どうやら、宏洋(ひろし)氏は、
父親のもとを飛び出して、
自活する道を選ばれたようである。

我輩は、幸福の科学については、
何も知らないし、
推奨したり、批判したりする知識を何も持っていない。
だけど、この、宏洋(ひろし)氏のビデオを観て、
まず、宏洋(ひろし)氏自身に好感を持つと同時に、
幸福の科学という教団も、そんなに悪いところではないのではないか、
とも思った。
なるほど、この宏洋(ひろし)氏のビデオの中でも、
宏洋(ひろし)氏は教団内部のどろどろした部分が嫌いだとおっしゃってる。
けれど、宗教団体でも、会社でも、学校でも、国家機構でも、
組織が大きくなると、
内部での競争が激しくなり、足の引っ張り合いや勢力争いなどは、
どこでもあることだろう。
そのどろどろした団体の元職員(元理事長。宏洋(ひろし)氏のこと)が
「もう私は教団とは縁を切りました」
と、YouTubeビデオとして発信できるのは、
ある意味、団体の健全性が推測できるし、
何より、宏洋(ひろし)氏の性格がイイ。
真っすぐだし、人を陥(おとしい)れようなんて言うところが微塵も感じられない。
こんなイイ人が、元理事長だったという団体は、
そんなに悪いところじゃないように思える。

結局、宏洋(ひろし)氏は、
「父親とはもう一緒にやっていけない」
とビデオの中で言っておられるのだが、
これは、我輩的に、健全な父子関係だと思える。
普通、子供は親に反抗するものだ。
そして、かなり歳を取ってから、
親の偉大さ、ありがたさを理解する。
このビデオしか観ていないけれども、
宏洋(ひろし)氏が、父親のもとに、
いずれ帰ってくることも十分にあり得ると思う。

あと、特筆すべきは、ビデオの後半で披露される、
宏洋(ひろし)氏の渾身のショートコント。
宏洋(ひろし)氏はご自分のことを
「お笑いタレント」
と呼んでほしい、とおっしゃってる。

決して洗練された芸ではないけれども、
その真っすぐさに惹(ひ)かれた。
何も隠すところのない正直さが魅力だ。

人によっては、
「いい大人になって、子供っぽすぎる」
と見るかもしれない。
しかし、それだけ大事に育てられてきたことの裏返しで、
育ちの良さがうかがい知れる。
何度も言うが、このビデオを観る限り、
宏洋(ひろし)氏は真っすぐな人だ。
父親に反発しながらも、
父親への愛情は、
十分に伝わってくる。

どんな団体も
大きくなれば、様々な軋轢が生まれる。
それは、子供が親に反発するのと同様に自然なことだ。
もちろん、それを放置する事は良くない。
団体を批判する人間が内部から出るのも自然な事だろう。
宏洋(ひろし)氏が意図していなかったとしても
幸福の科学の良きスポークスマンとしての役割を
果たされているのかも知れない。

このビデオは、30分ほどあるけれど、
宗教団体に興味のある方には、
一見の価値あるビデオだと思う。
あまり時間の取れない方は、
ビデオの終わり3分間ぐらいの
ショートコントだけでも見てみると、
純粋に、売り出し中の芸人さんみたいで、
楽しいです。
「幸福の科学の総裁であり教祖である大川隆法氏のご子息(長男)」
という先入観というか、イメージが、
吹き飛びます。

宏洋の人生ゼンツッパ!! ※炎上注意!!※宏洋は幸福の科学と決別したのか?!
上の動画、なんか、著作権侵害とか何とかで削除されたそうなので、
宏洋(ひろし)氏が、補正・訂正された動画を下に載せておきますね。
チョット、画質が落ちてるのが残念です。

【再掲】【炎上注意】宏洋は幸福の科学と決別したのか!? 宏洋の人生ゼンツッパ!!

(2018年10月25日)

こちらが、元の動画が削除された経緯を宏洋(ひろし)氏が説明された
動画です。
ちょっと、怒っておられますね。
我輩は、「幸福の科学」のことは良く知らないので、
賛成も反対もないのだが、
宏洋(ひろし)氏は、好きだな。

【謝罪】「幸福の科学と決別したのか!?」動画が削除されてしまった件について【宏洋の人生ゼンツッパ!!】

読んでくださり、ありがとうございます。

何かの参考になれば嬉しいです。

みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

肉体は滅びても、魂は永遠の存在。
また、次の世へ進んで行く。

問題は、何故、今のこの世に生まれてきたのか?
おそらく、何か、この世で、我輩が為さねばならぬ宿題があるはず。
その宿題をきちんとやり遂げたい。
その宿題をやり終えた時、あの世からのお迎えが来るはず。

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

コメント