安岡正篤 人生は難題克服に味がある 

「人生は難題克服に味がある」
この言葉、いいですね・・・。

安岡正篤氏にしても、中村天風氏にしても、
自分自身への揺るぎない自信を背景にした謙虚さというのが
スゴイですね。
絶対的な強さを感じます。

安岡正篤氏は、陽明学者と言う事です。
東洋哲学を研究され、陰陽五行などの解説がこの本にも出てきます。
陰陽五行など迷信に過ぎない、鬼門や風水など何の根拠もない、
という意見もありましょう。
しかし、昔から言い伝えられてきたことには、それなりに意味があるのだと思います。
「科学的」と言われている事でも、間違っていることは多々ありましょう。
「どう生きる?」
というような疑問には、「科学」などあまり参考にならないかもしれません。
むしろ、「哲学」というようなものにこそ答えがありそうです。

安岡正篤氏がいろいろなところで紹介される東洋思想の中では、
「天」「命」「道」「徳」「知」「情」
というような事柄を大切にしている。
我輩も、「天」の「道」、
すなわち、お天道様にはいつでもまっすぐ顔向けできるよう生きたいと
考えおります。

「どう生きる?」
ということは、普段から意識していきたいと思います。

肉体は滅びても、魂は永遠の存在。
我輩、あの世の存在を信じておるので、死ぬことは怖くない。
野垂れ死にも、また一興。
天国は良いところだろうし、地獄に行くことになっても、まぁ、仕方ないし、何とかなるだろう。
問題は、何故、今のこの世に生まれてきたのか?
おそらく、何か、この世で、我輩が為さねばならぬ宿題があるはず。
その宿題をきちんとやり遂げたい。
その宿題をやり終えた時、あの世からのお迎えが来るはず。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。