パートナーを信じ切れるか? 信じるなら、信じ切ってほしい。

ベランダの木 人間関係
この記事は約4分で読めます。

1.パートナー

ここに言う、パートナーとは、
伴侶のことでもいいし、恋人のことでもいいし、
仕事上のパートナーのことでもいい。
相手を信じ切れるか、どうか。
これは翻(ひるがえ)って、
自分が相手から信じ切られているかどうか、
とも関係してくる。
相手のことを信じ切ってるあまり、
相手に依存し過ぎていることもある。
生まれたての赤ん坊(自分)と母親(相手)との関係が、
いつまでも続くようであれば、
パートナーもやってられないであろう。

2.信用できないなら、別れなさい。別れないなら、信用しなさい。

「信用できないなら、別れなさい。
別れないなら、信用しなさい。」
これは、ツイッターを眺めていて、目に入った記事から
辿(たど)りついたブログ記事のアドヴァイスの言葉。

【恋愛相談】彼女の二股に悩んでる?あんた、あと10年でオチンチンが取れたらどうするかって、考えたことある? - ぴくあぶ - peek a boo

その通りだと思う。
ただし、「信用する」と決めた場合、
単純に100%信じ切ってほしいし、
こちらも決して裏切りたくない。

上のブログ記事を読んでいて、ふと頭に浮かんだのは、
「Mystic River」という2003年のアメリカ映画。
奥さんが旦那さんを信じ切れなかったことから、
不幸な結果へとつながってしまう。

https://www.imdb.com/title/tt0327056/

信じるならば、信じ切ってほしかった。
信じられないならば、
難しいだろうけれども、さっさと別れてほしかった。
お互いに信じられないパートーナーは
不幸だ。
裏切られた方がまずは傷付くのだが
それでも、自分が相手の全てを信じきってのことなので、
自分が馬鹿だったと笑って相手を許せる余裕も、
難しいように思えるけれど、
いつかやってくる。
けれど、相手を信じ切れず、
裏切ってしまった方は
自分が馬鹿だったと笑って自分を許せるかと言うと、
これは本当に難しいだろう。
また、ここで悩まないようであれば、
魂の成長はほとんど望めない。

ちなみに、上のIMDbと言う映画サイトは、映画を見た人達がなかなか辛口のレーティングをするんだけど、「Mistic River」と言うこの映画、10段階の8と言う高評価。
一見の価値ありだと思います。

3.ちょっと極端な例だけど

ちょっと極端な例だが、
例えば、貴男(あなた)が男性だとして、
家族を養う責任を自覚している。
どうしても、お金に困り、
お金をどこからか盗んできたとしよう。
貴男(あなた)なりの理屈で、
お金持ちのところから誰にも怪我をさせずに
盗ってきたから誰も困らないと、
自分で自分を納得させたとしよう。
それを貴男(あなた)は、
100%信じ切っている嫁さんに打ち明ける。
そして、これで大丈夫だと嫁さんを安心させようとする。

次に貴女(あなた)が彼の嫁さんだとして、
上の事情を打ち明けられて、どうするか?
もしも彼が捕(つか)まったら、
事情を知っていた貴女(あなた)も罪に問われるかも知れない。
それでも、彼と貴女(あなた)だけの秘密として
秘密を守り抜くか?
それとも、警察に通報するか?
秘密にするように彼に言われていたのに、
怖くて、誰かに相談するか?

パートナーとしてやっていくならば、
どんな運命も相手と一緒に進むぐらいの覚悟が欲しい。
とてもやっていけないと思ったならば、早く別れる方が
お互いのためだと思う。

4.友達が欲しければ、サボテンを買え

そんな偉そうなことを言ってる我輩は、
嫁さんに10年以上前に逃げられて、
それ以来ずっと一人暮らし。
そして、我輩の一番の親友は
サボテン氏をはじめとするベランダの緑です。

友達が欲しければ、サボテンを買え。
我輩の座右の銘の一つが 「友達が欲しければ、サボテンを買え。」 これは、決して、 「サボテンを買ったら、新しい友達ができるよ。」 と言う意味ではない。

ベランダの緑

ベランダの緑

ベランダの緑

読んでくださり、ありがとうございます。

何かの参考になれば嬉しいです。

みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

肉体は滅びても、魂は永遠の存在。
また、次の世へ進んで行く。

問題は、何故、今のこの世に生まれてきたのか?
おそらく、何か、この世で、我輩が為さねばならぬ宿題があるはず。
その宿題をきちんとやり遂げたい。
その宿題をやり終えた時、あの世からのお迎えが来るはず。

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました