袖振り合うも他生の縁

「袖振り合うも他生の縁」
今回の人生で関係のある人々は、過去や未来の人生でも関係のある人々で、
今後も何度も出会っていくのだから、大切にしなければなりません。 “袖振り合うも他生の縁” の続きを読む

祈りとは、愛を送ること

祈りには、力があります。
身体に自然治癒力が備わっているように、
心や潜在意識にも、
自らを活き活きと活かすように生きる道へ導く力があります。 “祈りとは、愛を送ること” の続きを読む

生まれてきた意味

何度も書いてるけど、
我輩は、死後の世界を確信します。
つまり、肉体は滅んでも、魂はまだまだ生きる。
この世は、魂の学習場所らしい。 “生まれてきた意味” の続きを読む

「生きがいの本質」私たちは、なぜ生きているのか?飯田史彦先生

飯田史彦先生は、国立大学の教員として、死後の世界について考察された方です。
大学の教員と言うところは、矢作直樹先生と同じですね。
大学の教員としての立場で、「死後の世界」についての考察を著書で発表するというのは、なかなか大変だったと思います。 “「生きがいの本質」私たちは、なぜ生きているのか?飯田史彦先生” の続きを読む