誰も見てないと思って、悪いことをした場合、

我輩は、
母さんやお祖母ちゃんや祖父ちゃんが
天国から我輩を見守ってくれていると信じておる。
それは同時に、 “誰も見てないと思って、悪いことをした場合、” の続きを読む

悩んでもしょうがないことは、悩まない。安保徹先生

悩んでもしょうがないことは、
悩まない。
病気は結局、ストレスが原因。
病気の”症状”は、実は、身体が病気を治そうとしている状態。 “悩んでもしょうがないことは、悩まない。安保徹先生” の続きを読む

恐怖を超えること。

お天道様はいつも優しく見守ってくれています。
間違いありません。
だから、何も怖れることはありません。 “恐怖を超えること。” の続きを読む

どうせ、将来、今を振り返って笑うなら、

今、なんか、大変な失敗をしたとします。
失敗でなくても、
失恋や、失業や、なんかちょっと大変な時期だとします。 “どうせ、将来、今を振り返って笑うなら、” の続きを読む

生きる意味

我輩は、看護助手として、大学病院の手術室の掃除をしておる。
手術室というのは、映画やテレビで見るように、 “生きる意味” の続きを読む

気付き

お天道様は、いつも優しく見守ってくれている。
天国にいる、
お母さんも、おばあちゃんも、おじいちゃんも、
中学校の友達も、みんな、みんな、 “気付き” の続きを読む

成功を呼ぶ「口ぐせ」の科学 佐藤富雄

”「口ぐせひとつで人生が大きく変わる」
あなたがどう受け止めるかは別にして、これは迷信や精神論ではなく、科学的な裏付けのある事実です。
日本には、古来「言霊(ことだま)という言葉があります。言葉を繰り返し唱えると、その内容は思い込みや確信に変わります。思い込みや確信は、自分にとって好ましい場合には、好ましい結果をもたらし、好ましくない場合には、好ましくない結果をもたらします。これが古代の人々が信じていた言霊の霊力です。
科学者である私は、言霊の霊力と脳のメカニズムとを照らし合わせ、この「言葉の力」のサイエンスを解き明かしました。そこから導き出した答えが、冒頭の「口ぐせひとつで人生が大きく変わる」というものです。”
(本書 はじめに 1ページ)

“成功を呼ぶ「口ぐせ」の科学 佐藤富雄” の続きを読む

無駄な日なんて1日も無い

どんなに回り道をしたように見えても、
どんなに無意味な1日に見えても、
この人生の中に、
無駄な日なんて1日も無い。 “無駄な日なんて1日も無い” の続きを読む