Novi Sad(ノヴィ サッド)から Sremski Karlovci(スレムスキ カルロヴッチ)に 歩いて帰る道の途中にある、三つの宗教が一つになった教会

Novi Sad(ノヴィ サッド)から
Sremski Karlovci(スレムスキ カルロヴッチ)に
歩いて帰る道の途中に
Црква Снежне Госпе на Текијама
(ツルクヴァ スネージュネ ゴスネ ナ テキヤーマ)
と言う教会があります。
無理やり訳すと、
「静かな道端の、あるいは泉のほとりの、雪の女王の教会」
という名前です。

Црква Снежне Госпе на Текијама 向こうに見える教会。道は車がビュンビュン通るので、ちょっと注意が必要。

この教会、以前、
Novi Sadのナイトクラブから
タクシーで帰る途中、
運転手さんが
「この教会はオーソドックス(セルビア正教)と
カソリックとユダヤ教が一つになったものなんだ。
俺たちはそれをすごく誇りに思ってる。」
とセルビア語で言ってたような気がする。
我輩のセルビア語はまだまだなので
ちょっとあやふやなのですが、
確かそう言ってたと思う。

Sremski Karlovci(スレムスキ カルロビッツ)に歩いて帰る途中に
再び、見つけました。
最初、中に入ろうとしたら、
門の前のベンチにおじいさんが座ってて、
大きな門には鍵が掛かってて、
中に入れなかった。
建物の写真を撮ってたら
なんか、おじいさんが追いかけてきたので
急いで、去りました。

2回目、別の日に、
再び、Novi Sadから
Sremski Karlovci(スレムスキ カルロヴッチ)に
歩いて帰る途中、
今度は、日曜日だったせいか、
門が開いてて、中に入れました。
中は意外ときれいでした。
例のおじいさんは
門の前のベンチで寝てました。
写真撮影禁止のマークがないのを確認して、
写真を撮って、
静かにお祈りさせてもらいました。

Црква Снежне Госпе на Текијама

Црква Снежне Госпе на Текијама

Црква Снежне Госпе на Текијама

こういう空間って、
我輩、好きです。
人々の祈りの気持ちが感じられるから。

さて、外に出ると
例のおじいさん、目を覚まして
ベンチに腰かけてました。
ぎょろりと我輩をにらむと
突然、
「ピ~!! ピ~!!」
と大きな音で笛を吹きだしました。

いやいや、我輩、決して、怪しい者ではありませぬ!

急いで道に戻り、
再び、
Sremski Karlovci(スレムスキ カルロヴッチ)を
目指して歩き始めました。

Црква Снежне Госпе на Теки?ама

Sremski Karlovci(スレムスキ カルロビッツ)への道は、車がビュンビュン通るし、ちゃんとした歩道が無いので、歩いて行かれる方はちょっと注意が必要です。
Novi Sad(ノヴィ サッド)からも、Sremski Karlovci(スレムスキ カルロビッツ)からも、歩いて1時間半ぐらいのところです。

この教会の場所はこちらです↓

それでは、また。

旅をする方々の何かの参考になれば嬉しいです。

セルビア、イイとこですよぉ~!!

みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓どれか一つポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

シェアしてくれたら嬉しいですm(__)m

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください