今日の朝食&セルビアでの生活費用

今朝、買ってきた食材で、朝飯作ってみました。

先日買った、ワインとジュースとコーヒー付きです。
我輩的には、これで十分です。

さて、今日でセルビアに来て6日目です。
これまで10,000RSD(セルビア ディナール)を海外キャッシング(両替)して、
今、手元に7,200RSD残ってます。
6日で2,800ディナールといことは、
1日当たり470ディナール。
1日500ディナールとして30日で15,000ディナール。
ここの家賃が、電気代、ガス代、水道代、手数料込みで、30日18,500ディナール。
とりあえず、1か月33,500ディナール=36,800円(日本円、弱すぎ!笑)
で暮らせる。

夏の暑さは大丈夫と思う。
今度は冬の寒さやね。
それはまた次回検証しませう。

人々は親切です。アジア人だからと言って、差別するようなことはありません。(←これ、大事)

さて、生活費的なことが何となく分かってきたから、これからは、もう少しセルビア語の習得に精を出すことにします。
酒場に行ったり、レストランに行ったり、多少の出費は良しとして、コミュニケーションをたくさん取ることにします。

えぇ~と、前回の記事で、洗濯機の使い方が分からないと書きました。
洗濯機のスイッチ周りの写真を載せます。
実は、それぞれの記号の意味が全然分かってません(笑)。
洗剤の入れ方も実は適当です(笑)。
もし分かる方で、人類愛と慈愛に満ちた方が居られましたら
どうぞ教えて下さいませ!

では、また。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

2 件のコメント

  • 一番左の3つのボタンは、上から
    脱水(スピン)なし、上まで水を入れる(?)、ポーズ(と再開)です。
    真ん中は自信がないですが。上と真ん中を使いたいときは、
    そのボタンを押してから右のダイヤルを回します。

    右のダイヤルで、洗うものの種類と水の温度を選択します。
    右側の綿の絵のところの95から40の部分は
    コットンで数字は温度を表しています。
    丸に点が2つのマークは前洗いではないかと思います。
    一番右上なら、コットンで95℃。その次はコットン95℃で前洗いプラス。
    次はコットン60℃といった具合です。
    (前洗いはちょと自信ないですが。)

    次のフラスコのようなのは化学繊維。これは60℃、40℃、冷水が選べます。
    ダイヤル左側は上から、脱水のみ、排水のみ、柔軟剤、次の2つは不明、ヒツジのマークはウール、蝶のマークも不明です(デリケートかな?)。

    普通に洗濯する場合の洗剤を入れるところは、真ん中です。
    上記の前洗いをするときは左側にも入れます。柔軟剤は右側です。
    (洗たく機が動いているときに、この引き出しを開けてみれば
    どこに洗剤を入れるのが正解かよくわかります)

    水を暖めるのに時間がかかるので、通常温度が低いほうが早く終わるはずです。
    なので、一番早く洗濯できるのはダイヤルを180度回した、化学繊維で冷水だと思います。
    粉石けんだと溶けない可能性がありますが。。。

    次に早いのは、ヒツジか蝶のマークだと思います。

    間違ってたらごめんなさい
    健闘を祈ります

    • bunji_様
      おぉ~!
      詳細なご説明、ありがとうございます!
      大変よく分かりました。
      洗剤も適当に入れていたので、本当に助かりました!
      ありがとうございます!
      化学繊維の冷水で洗うようにします!
      ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください