バックパックを買ったよ。GREGORY BORDER 35。

セルビアへ行く準備として、
バックパックを買いました。

数多いバックパックの中から、
なぜ、この「グレゴリー ボーダー 35」を選んだか?

”仕事と遊び道具を整理しやすく、出し入れしやすい位置にあるラップトップとタブレット専用のスリーブは、空港でのチェックイン時に便利です。”
(グレゴリー ジャパンのホームページより)

この文句に惚れて、買いました。
特に、
「空港でのチェックイン時に便利です。」
のところ。

我輩、セルビアを目指すものの、
セルビアでの滞在はどうするのか?
まず、普通のホテルは、予算的に却下。
次に、ホステル、ドーミトリーの類は、
我輩、孤独を愛するので、却下。
要は、プライバシーが欲しいのね。
結局、セルビアでは、月2万円程度のアパートを探そうと思っておる。
我輩が活用しているオンライン英会話のDMM英会話のセルビア人の
先生方からの情報では、
首都ベオグラードを含め、その程度の家賃で、
我輩一人が住むぐらいの物件は、ありそうである。
つまり、我輩は、将来、セルビアを根拠地にして、
ヨーロッパやトルコやロシアを行ったり来たりしたいので、
それに適したバックパックが欲しかったのである。
それゆえ、「空港でのチェックイン時に便利です。」と言うのは、
とても嬉しい。
次に、我輩の体格。
我輩は、身長157cm、体重47kgと、
日本人の中でも、華奢(きゃしゃ)な方である。
それゆえ、35Lぐらいの大きさが最も適していそうである。
さらにこの大きさなら、最近はやりのLCC
(Low Cost Career。格安航空会社ね。)
の機内持ち込み手荷物(無料)の大きさに収まりそうである。
最後に価格。
定価は2万3千円ほどで、どこのネットショップでも大体2万円前後だったが、
楽天市場で、たまたま期間限定(本当か? 笑)で1万円(税込)+送料399円の
ところを見つけた。
バックパックに1万円と言うのは、旅する人の中では、安い方に入るのだろうが、
我輩的には、高い。
しかし、末永く使えるのならば、かえって安い買い物になろう。
と言うわけで、思い切って、買った。

さて、よく見てみよう。
まず、これが届いた時の箱。
横の室内スリッパは、箱の大きさが分かりやすいようにと、
わざと写しこんだ。↓

中を開けると、↓

うむ、シンプルな梱包。
こういうシンプルさ、嫌いじゃない。

裏はこんな感じ。↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おぉ~、赤色が混じっていたとは!
この配色、嫌いじゃない。

あっ、そうそう、ラップトップコンピューター(ノートパソコンね)の持ち運びも
設計コンセプトに入ってるらしいのも、決め手の一つ。
我輩、セルビアに行って、このブログで、セルビア生活情報を発信する予定なのだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バックパックを横にしたとき、取っ手があるのもイイ。
ビジネスバッグみたいに持てる。


ちなみに、この取っ手は、この写真のバッグの下側にもある。
つまり、バッグの右側、左側、両方にあるのです。

今度は、背中側。
ウェストベルト(腰の周りに締めるベルトね)が無いのは、ちょっと不満だけど、飛行機の
座席の上の荷物棚に入れたりすることを考えたら、これは、これでいいのかもしれない。
でも、やっぱり、本当は、荷物は腰で持つものだから、ウエストベルト欲しかった…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、外から見えないところの赤がカッコイイし、
蒸れないようにメッシュにしてあるのも嬉しい。

チャックを開けた中はこんな感じ。
こっちが背中側。ラップトップを入れる方ね。↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、こっちが、表側。背負ったときに、外側になる方ね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

う~む、外から見えないところの赤がカッコイイ~!(笑)
こういうの、嫌いじゃない。

他にも、小さなチャックが外側に何か所かあって、
いろいろ使い勝手が良くなるように工夫されてるみたい。

末永く、大事に使っていこうと思います。

では、また。
今日もみなさんにイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください