トイレが見つからなくて、近くの高校に飛び込む。Novi Sad(ノヴィ・サッド)

時系列的に話があっちへ行ったり、こっちへ行ったりすることを
お許しください。
さて、旅の初めのころ、
サラエヴォからノヴィ・サッドまでバスでやってきて、
(8時間! 長かったぁ~。でも、楽しかった!)
我輩たちの宿のあるСремски Карловци(スレムスキ カルロヴッチ)
までの鉄道の切符も買って、
列車の時間まで時間があるので、
有名な教会(Cathedral)を見に行くことにしました。

Novi Sad(ノヴィ・サッド)のCathedral(大教会)

Cathedralの中。ここは、写真撮影OKのようです。

Cathedralまで来たのはいいけれど、
旅の仲間の一人がトイレに行きたくなりました。
我輩も実は、お尻が急に痒(かゆ)くなりました
たぶん、サラエヴォで食べたソーセージのせいでしょう(笑)

どこかのレストランに入ればいいのでしょうが、
節約旅行の我輩たちは、
道を聞くフリをして
たまたまそこにあった高校に
飛び込みました。

我輩「ペトロヴァーディン要塞はどこでしょう?」
高校生「すぐそこだよ。ああ行って、こう行って。」
我輩「ありがとう。ところで、トイレ貸してもらえるかな?」
高校生「校舎の中に入って、トイレの場所を尋ねるといいよ」
我輩たち「ありがとう!」

我輩たちは、トイレを我慢したり、
お尻の痒いのを我慢したりしながら、
いそいそと校舎の中に入っていきました。

大学じゃなくて、高校だと思うんだけど、なんかカッコいい。

ちょうど休憩時間なのか、
廊下は生徒たちでいっぱいです。
場違いな我輩たちを、
全然不審がろません。
「トイレはどこ?」
と聞いたら、親切に教えてくれました。

トイレに入って、
我輩は、とにかくお尻が痒かったので、
個室に飛び込んでお尻を拭こうとしましたが、
まず、鍵がかからない。
そして紙が無い!
たまたま、ポケットにこんなこともあろうかと
トイレットペーパーを少し入れておいたのが
役立ちました(笑)

みんなで用を足して、
また、もと来た廊下を戻ります。
廊下は生徒でますますあふれかえってます。
テレビで見る、アメリカの高校みたい。
バックパックを担いだままの
我輩たち怪しげな一行は、
ごく普通に、
生徒であふれかえってる廊下を
「すいませ~ん!」を連発しながら
通って行ったのでした。
校舎を出る時には、
可愛い女の子が
我輩に(!)手を振ってくれる始末。

なんか、ホントに平和な国です。
ますます、セルビアが好きになりました。

それでは、また。

旅する方々への何かの参考になれば幸いです。

セルビア、イイとこですよぉ~!!

みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓どれか一つポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.