アニータに会えた

セルビアを去る2日前、
我輩は、ついにアニータに会えた。
前回の記事はこちら→アニータを待って

アニータを待って

アニータはセルビアの首都ベオグラードへ行ってたそうだ。
遠くにアニータらしき人が見えた時、
我輩は、それがアニータかどうか確信は持てなかったが、
アニータが大きく手を振ってくれたので分かった。

我輩は、アニータが裸足で歩いたりしてたのを見て、
きっとアニータはお金は無いけど、自分の生きたいように生きてる人だと
勝手に思ってた。
でも、話を聞いてると、アニータは紙の本の詩集も出版してるらしい。
自費出版なのか商業出版なのか分からない。
でも、芸術には造詣が深そう。
Ниш(ニーシュ)で8月に行われたNisvilleという音楽祭のスタッフだったり↓、

Anita
Anita

ベオグラードまで出かけて行って、舞踏を見たり↓。

Anita

むしろ、お金には困ってないのかも知れない。

いろんな人が居るな、
世界は広いな、
我輩の知らない世界がまだまだあるな、
とまたまた気づかされたのでした(笑)。

With Anita in Niš

では、また。
みなさんにもイイ事がイッパイありますように!
\(^∇^)/シャ~ッ(祈)!♪
(祈りの力は実はスゴイ!)

ブログ村に参加しました。
↓ポチッと押していただければ、嬉しいです!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へにほんブログ村

“アニータに会えた” への6件の返信

  1. 会えて良かったですね。
    アニータさん実はすごい人だったんですね。
    セルビアに再訪した折にはまた会えると良いですね。

    1. bunji_様
      いつもコメントありがとうございます。
      アニータは、実は、スゴイ人かもしれません(笑)。
      世の中、まだまだ知らないことだらけだと痛感しました!
      いつもありがとうございます!

  2. 会えたんですね・・・ってことはジンクス的にもうセルビアへ行く定めではない???(^^)
    舞踏の写真はどうもインドみたいですし、アニータさんは東洋に興味があるんでしょう、中国に行ってみたいとおっしゃってるんですよね。
    時勢柄、東洋というとやはり中国になるのは仕方ないです。ウチもタリン(エストニア)でみたんですが、中国は国家プロジェクトして舞踏団を各国に派遣してます(孔子学院もそう)。中国への友好感情をはぐくむ目的で、したたかだと思います。日本政府も歌舞伎など多少支援したこともあるようですが、高尚志向すぎて、視野が狭すぎです。

    1. cachaca様
      コメントありがとうございます。
      中国は、確かにしたたかですよね。中国雑技団とか、どこの国でも有名でしょうし。
      韓国も、K-POPのPRに国家的に取り組んでるみたいです。
      日本は、歌舞伎ですか...。
      確かに高尚すぎですね!(笑)
      歌舞伎もいいけど、今ならアニメとかを押すべきかも(笑)。
      いつもありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

    1. Erica様
      コメントありがとうございます!

      >それにしても、約束を守ることを実現されていてかっこいいと思いました
      いやぁ~、照れます、嬉しいです、グヘヘヘヘ(笑)
      ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です