苦手な人への対応方法

職場でも、学校でも、家庭でも、
この社会で生きるために最も問題となるのは、人間関係であろう。 “苦手な人への対応方法” の続きを読む

何のために生きるのか

3年前に母が亡くなってから、父は一人暮らしになった。
父は小学校の先生で、最後は校長先生も務めた。 “何のために生きるのか” の続きを読む

人は亡くなる時、だれを見るのか? 寿命

私の母は、いまから3年前の12月18日に亡くなった。
その二日前、12月16日に私は母を病院に見舞った。
母は苦痛に、のた打ち回っていた。 “人は亡くなる時、だれを見るのか? 寿命” の続きを読む

脳が認める勉強法 「学習の科学」が明かす驚きの真実!

著者は、かつてガリ勉だったそうだ。
成績を良くするために、あるいは維持するために、
必死で勉強したそうな。 “脳が認める勉強法 「学習の科学」が明かす驚きの真実!” の続きを読む

レトリーバル 魂との会話

映画「シックス・センス」(1999年 アメリカ)をご存じだろうか?
死者が見えることに恐れおののく少年を児童精神科医が治療していくストーリーだ。 “レトリーバル 魂との会話” の続きを読む

猫にも魂はあるのか? 自分自身も含めて、全部許してしまえ!

これは、元嫁さんが飼っている猫。
ハナちゃん(7歳)。
血統書付きらしい。
元嫁さん、高層マンションに住んでいるので、
ハナちゃんは家から出たことが無い。
首輪を嫌がるので、付けてないらしい。
“猫にも魂はあるのか? 自分自身も含めて、全部許してしまえ!” の続きを読む

HAKODATE 海峡の風 炭焼珈琲

これも、元嫁さんの函館土産。
「HAKODATE 海峡の風 炭焼珈琲」のコーヒー豆。
なんと、北海道でコーヒー豆をつくっているのか?! “HAKODATE 海峡の風 炭焼珈琲” の続きを読む

究極の函館カレー。今日はお彼岸。

昨日、元嫁さんから函館土産をもらった。
その名も「究極の函館カレー」。
早速作ってみたが、何と言っても、具がでかい! “究極の函館カレー。今日はお彼岸。” の続きを読む

「臨死体験」を超える死後体験 坂本政道

「米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にした!」
ヘミシンク技術と言うのは、右脳と左脳をシンクロナイズ(同調)させて、その潜在能力を引き出す技術のようです。
著者の坂本政道氏は、大学で物理学と電子工学を学び、卒業後、SONYに就職して、半導体素子の開発に従事。その後、ヘッドハンティングされて渡米。アメリカでの会社が成功し、自らもアーリー・リタイヤメント(早期引退)された方です。この世での成功者と言っていいでしょう。 “「臨死体験」を超える死後体験 坂本政道” の続きを読む

友達が欲しければ、サボテンを買え。

我輩の座右の銘の一つが
「友達が欲しければ、サボテンを買え。」
これは、決して、
「サボテンを買ったら、新しい友達ができるよ。」
と言う意味ではない。 “友達が欲しければ、サボテンを買え。” の続きを読む