レトリーバル 魂との会話

映画「シックス・センス」(1999年 アメリカ)をご存じだろうか?
死者が見えることに恐れおののく少年を児童精神科医が治療していくストーリーだ。 “レトリーバル 魂との会話” の続きを読む

猫にも魂はあるのか? 自分自身も含めて、全部許してしまえ!

これは、元嫁さんが飼っている猫。
ハナちゃん(7歳)。
血統書付きらしい。
元嫁さん、高層マンションに住んでいるので、
ハナちゃんは家から出たことが無い。
首輪を嫌がるので、付けてないらしい。
“猫にも魂はあるのか? 自分自身も含めて、全部許してしまえ!” の続きを読む

友達が欲しければ、サボテンを買え。

我輩の座右の銘の一つが
「友達が欲しければ、サボテンを買え。」
これは、決して、
「サボテンを買ったら、新しい友達ができるよ。」
と言う意味ではない。 “友達が欲しければ、サボテンを買え。” の続きを読む

「生きがいの本質」私たちは、なぜ生きているのか?飯田史彦先生

飯田史彦先生は、国立大学の教員として、死後の世界について考察された方です。
大学の教員と言うところは、矢作直樹先生と同じですね。
大学の教員としての立場で、「死後の世界」についての考察を著書で発表するというのは、なかなか大変だったと思います。 “「生きがいの本質」私たちは、なぜ生きているのか?飯田史彦先生” の続きを読む

たくましく生きる。優しく生きる。

我輩、司法試験に20回以上失敗して、結局あきらめたけど、行政書士には登録した。
お金はかかる。
兵庫県行政書士会の最初の登録時に30万円以上かかった。
現在、兵庫県行政書士会阪神支部に在籍しておるが、毎月、会費が7,000円かかる。
実質、派遣社員(清掃業)で生計を立てておる我輩には、この月7,000円は結構痛い。
それでも、行政書士を続ける理由は、次の2点。 “たくましく生きる。優しく生きる。” の続きを読む

The Purpose of my Life. 生きてる意味。生きる目的。

我輩は、キリスト教徒でも、仏教徒でも、イスラム教徒でも、ヒンズー教徒でもありません。
ごく普通に、
12月24日、25日には、クリスマス(キリスト教)を祝い、
12月31日には、お寺(仏教)の除夜の鐘を聞き、
1月1日には、近くの神社(日本神道)に初詣に行きます。 “The Purpose of my Life. 生きてる意味。生きる目的。” の続きを読む

あぁ~!なんてこの世は美しい!

ふと空を見上げると、
いつも、そこに、空がある。
お天道様はいつも優しく見守ってくれてるよ。
“あぁ~!なんてこの世は美しい!” の続きを読む

悔いは無し。野垂れ死にも、また一興。

我輩、すでに50代半ば。
現在、派遣社員(清掃業)で、生計を立てておる。
「プロフィール」にも書いたが、司法試験に20回以上挑戦して、ダメだった。 “悔いは無し。野垂れ死にも、また一興。” の続きを読む