返り念障 返り感謝

「人を呪わば、穴二つ」
と言う言葉がある。
これは、
「人を呪うと、呪いを受けた人と、呪いを送った人の、二人分の墓穴ができる。」
と言う意味。
これが、返り念障である。
すなわち、人を呪ったり、妬んだり、怒りを抱いたり、
マイナスのイメージを送ると、

そのイメージは鏡のように、自分自身にも降りかかってくるのである。

「情けは、人の為ならず」
と言う言葉がある。
これは、
「他人に情けをかけるのは、他人の為にかけるんじゃないよ、
自分のためにかけるんだよ。」
と言う意味。
すなわち、人に情けをかけるのは、鏡のように、
自分に情けをかけることになるのです。
これが、返り感謝
人に感謝する、人を尊重する、人に優しく接する、
これらは、全て、そのまま、自分に返ってくるのです。

他人を妬んだり、恨んだりすることなく、
周りの人に感謝して、生きる。
これで、間違いないのですが、
なかなかこのような心境に、常に居るのは難しいというあなた。
我輩が、もっと簡単な方法を教えましょう。
それは、周りの事はあんまり気にしないこと!
自分の生きたいように生きること!
自分の生きたいように生きたいと言ったって、
生きるにはお金がいるから、やっぱり仕事には行かなきゃならないけど、
今、自分がやってることを精一杯やるだけで、
あんまり周りの人の眼とか、口(くち)とか、気にしないこと。
実は、これ、人から呪いを受けた時の対処法にもなるのです。
人から呪いを受けた時、妬まれた時、憎まれた時、
誰から呪いを受けたか、誰から妬まれたか、誰から憎まれたか、
分かってるときは、苦手な人への対応方法で書いたように、
相手の守護霊様とか、ご先祖様にお願いする方法で良いのですが、
全然自分が知らない間に、憎まれたりすることもあるでしょう。
その時、気持ちが弱ったりしていたら、
「生霊に憑依」される危険もあります。
それを防ぐためにも、
周りの事はあまり気にせず、
自分のやりたいことを、あるいは、やるべきことを、
精一杯やる。
誰かが自分の悪口を言ってるかもしれないけど、
気にしない、気にしない
間違っても、世間や、家庭や、自分の周りの人を恨んだりしない。
出来れば、どんな場合でも、
世間に、家庭に、自分の周りの人に、感謝できれば、なお、よろしい。
さらに、自分を優しく見守ってくれている存在
(それは、神様だったり、守護霊様だったり、お天道様だったり、
ご先祖様だったり、
亡くなったお母さんやおばあちゃんやおじいちゃんだったり)
に感謝しつつ、今やってることを、やるべきことを精一杯やれば、
間違いなく、あなたの人生は充実します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。